Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://inetsol.blog12.fc2.com/tb.php/18-b9058160

トラックバック

[T1] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2012-04-07 16:01

[T3] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2012-05-08 22:54

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

サーバのMySQLのデータをクライアントのAccessから操作する方法

AccessでODBC経由でMySQLに接続する方法をまとめます。
以下はクライアント側で設定します。

ODBCドライバのダウンロード
1.http://dev.mysql.com/downloads/connector/odbc/ にアクセスします
2.Windows (x86, 32-bit), MSI Installerの「Download」ボタンをクリックします
3.No thanks, just take me to the downloads! をクリックします
4.ダウンロード先をいろいろ選べますが、どこからでもよいので好きなところを選びダウンロードします

ODBCドライバのインストール
1.ダウンロードしたファイルを実行します
2.「Next >」をクリックします
3.「Typical」を選択し、「Next >」をクリックします
4.「Install」をクリックします
5.「Finish」をクリックします

ODBCドライバの設定
1.コントロールパネルの「管理ツール」-「データソース(ODBC)」を開きます
2.「システム DSN」タブの「追加」ボタンをクリックします
3.「MySQL ODBC 5.1 Driver」を選択し、「完了」ボタンをクリックします
4.下記を入力します
 Data Source Name:名前を付けます(例:mysql_odbc)
 Server:サーバのアドレスを指定します(例:123.456.789.123)
 User:mysqlに接続するためのユーザ名(例:user)
 Password = mysqlに接続するためのパスワード(例:abcdefg)
 Database = 接続するmysqlのデータベース名(例:my_database)
 その他は全てデフォルト
5.「OK」ボタンをクリックします

Accessファイルの設定
1.Accessを開きます
2.メニューの「ファイル」-「外部データの取り込み」-「テーブルのリンク」をクリックします
3.ファイルの種類から「ODBCデータベース」を選択します
4.「コンピュータデータソース」タブを開きます
5.先ほど、Data Source Nameの箇所で入力したデータソース名を選択します
6.「OK」をクリックします
7.MySQLのデータベースにリンクしたいテーブルを選択し、「OK」をクリックします

これで、MySQLのテーブルにリンクする形でAccess上からアクセスできるようになります。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://inetsol.blog12.fc2.com/tb.php/18-b9058160

トラックバック

[T1] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2012-04-07 16:01

[T3] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2012-05-08 22:54

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

スポンサー

プロフィール

アイネットソリューションズ

アイネットソリューションズ
名古屋でWebシステム開発しています

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブログランキング

ブログランキングに参加中です

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

クリックしてくれるとやる気がでます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。